お祝いの返礼のチョイス|相手を喜ばせる嬉しい習慣|出産祝いで祝福しよう
プレゼント

相手を喜ばせる嬉しい習慣|出産祝いで祝福しよう

お祝いの返礼のチョイス

ギフト

お礼も兼ねたお披露目

出産祝いをいただいたら、その返礼として出産内祝いを贈答します。お祝いの半額程度の価格帯から品物を選ぶのがマナーです。現金や商品券でお返しするのは、タブーと考える年代の方もいますので注意しましょう。また、両親や祖父母は出産祝いの金額が高額になるケースもありますが、その半額を目安にして出産内祝いの品物を選ぶと、失礼に当たることもあるので気を付けてください。出産内祝いで選ばれるのは、名入れや写真入りの贈答品で、人気ランキング入りしているアイテムも目立ちます。単なるお礼ではなく、子供のお披露目も兼ねているので、趣向を凝らした出産内祝いを選ぶ方が増えています。ニーズに対応してオリジナリティのある品物からチョイスすることができます。

具体的な品物選び

写真入りや名入れで出産内祝いを送るときに多いのは、食品やお菓子類が多くなっています。ただし、品物に名前が入っているとしても、のしを省略するのはさけましょう。出産内祝いを受け取った方の中で、20%程度がのしや包装がない出産内祝いを不快に感じたという調査結果があります。出産内祝いののしには子供の名前を書いて送るので、お披露目を兼ねる意味でものしは欠かせない存在です。また、雑貨などを贈答品に選んだ場合、好みに合わないと困るという意見もあるので、出産内祝いは食品類が多く用いられています。全ての方に一般的な意見が当てはまるのではないため、好みを把握している相手への出産内祝いには趣向を凝らすのも良いでしょう。